コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田 いけだ

17件 の用語解説(池田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田
いけだ

徳島県西部,三好市中・北部の旧町域。吉野川中流の屈曲部にある。 1959年池田町 (1905年町制) ,三縄村,佐馬地村が合体して発足。 2006年三野町,山城町,井川町,東祖谷山村,西祖谷山村の3町2村と合体して三好市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

池田
いけだ

香川県北東部,小豆島町西部の旧町域。小豆島の南西部を占める。 1929年町制。 1954年二生村,三都村の2村と合体。 2006年内海町と合体して小豆島町となる。山地が広く,池田湾岸の低地に集落が立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけだ【池田】[地名]

大阪府北西部の市。古代、渡来人漢織(あやはとり)呉織(くれはとり)機織り技術を伝えた地といわれ、呉羽里(くれはのさと)とよばれた。江戸時代能勢街道の市場町。植木や清酒を産し、また住宅地として発展。人口10.4万(2010)。
静岡県磐田(いわた)市の地名。もとは東海道の宿駅で、天竜川西岸にあったが、河道が変わり東岸となった。謡曲「熊野(ゆや)」の舞台。
徳島県三好(みよし)市の地名。鎌倉時代小笠原氏城下町として発展。葉タバコ・木材の集散地。
北海道十勝総合振興局の中南部、中川郡の地名。十勝ワインの産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

池田

長野県北安曇郡池田町にある道の駅。主要地方道大町明科線に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけだ【池田】

大阪府北西部の市。もと市場町。住宅地として発展。酒造業や植木の産地として知られる。
北海道南東部、十勝支庁中川郡の町。近年ワインの生産で知られる。
長野県中部、北安曇あづみ郡の町。千国ちくに街道の宿駅として発達。
岐阜県南西部、揖斐郡の町。工場が多く、また古墳も多い。
福井県中部、今立郡の町。水海みずうみの田楽・能舞は国指定の重要無形民俗文化財。
徳島県西部、三好市の地名。吉野川の屈曲部に位置し、古来交通の要地。阿波きざみタバコの産地。

いけだ【池田】

姓氏の一。安土桃山・江戸期の大名。戦国期織田氏に仕え、関ヶ原戦後、池田輝政が姫路城主となり興隆。のち備前岡山藩・因幡国鳥取藩などの有力大名となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田の関連キーワード大井大畑大平大窪大町大和田大通大沢大富大通北

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田の関連情報