アブー・アルハイル・ハーン(英語表記)Abū‐al‐Khayr Khān

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルハイル・ハーン【Abū‐al‐Khayr Khān】

1412‐68
ウズベク族の統一者。1428年,推戴されてハーン位につくと,キプチャク草原(現,カザフ草原)各地の遊牧勢力を平定して(1446),いわゆる遊牧ウズベク国家を建設。軍事力を背景に,しばしばティムール朝領内に侵入し,51年には,アブー・サイードAbū Sa‘īdの即位を助けるなど,その内政にまで介入した。56年,オイラート族と戦って敗れ,支配下にあった諸勢力の離反に悩まされるなかで没した。【堀川 徹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアブー・アルハイル・ハーンの言及

【シャイバーニー朝】より

ジュチの第5子シバンShiban(シャイバン)を始祖とするためにこの名で呼ばれる。アブー・アルハイル・ハーンは,ウズベクを統一して,キプチャク草原に遊牧国家を建設したが,その孫のシャイバーニー・ハーンは,定住地帯に攻め入り,ティムール朝を破り(1500),これにかわって西トルキスタンからホラーサーンを支配する国家をうちたてた。彼が1510年に敗死した際,バーブルに一時サマルカンドを奪われるなどしたが,支配権を奪還して(1512)以降,ここあるいはブハラを首都として,アブー・アルハイルの子孫がハーン位を継承していった。…

※「アブー・アルハイル・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android