軍事力(読み)ぐんじりょく(英語表記)military power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事力
ぐんじりょく
military power

国力を構成するいろいろな力のうち,軍事に直接役立つものをいい,政府またはこれに準じる公の交戦機関が準備,保持,計画,運営,行使するもの。戦略目的軍事力と戦術目的ないし一般目的軍事力に分れ,後者はさらに陸・海・空軍力に分れ,あるいは全面戦,限定局地戦,ゲリラ戦など戦争の各種形態別に論じられることもある。また兵員兵器の数や質だけでなく,要員,訓練,指揮,展開など総合的な要因として考察されることが多く,さらに一国だけでなく集団安全保障体制の連合軍事力が対象になることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐんじ‐りょく【軍事力】

国家が戦争や防衛を行うための能力。軍艦・戦闘機・重火器などの兵器数や兵員数、その戦闘性能・機動性能など、戦争を行うための総合的な能力。「隣国の軍事力が脅威だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんじりょく【軍事力】

軍隊・兵器・軍事施設など戦争に必要なものの能力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐんじ‐りょく【軍事力】

〘名〙 兵員、兵器、訓練、士気、軍事潜在力などすべての要素を総合した一国の継戦能力。軍力。
※ポツダム宣言(1945)三「吾等の軍事力の最高度の使用は日本国軍隊の不可避且完全なる壊滅を意味すべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の軍事力の言及

【軍備】より

…国家あるいはこれに準ずる独立集団が安全保障のため,あるいは対外政策を効果的に展開するために保有する軍事力機構(軍隊の兵力などの人的要素および兵器,施設などの物的要素をふくむ),およびこれを編成する行政措置をいう。また,国連憲章51条所定の〈個別的又は集団的自衛の固有の権利〉を行使するための機関を軍備と解釈することもできる。…

※「軍事力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事力の関連情報