コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペイロン 〈ギリシャ〉apeiron

デジタル大辞泉の解説

アペイロン(〈ギリシャ〉apeiron)

《限り無きもの、他から限定を受けぬもの、の意》古代ギリシャの哲学者アナクシマンドロスの用語で、宇宙の始源としての根源的物質をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アペイロン【apeiron】

限りのないもの、限定されていないもの。無限定者。ト-アペイロン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアペイロンの言及

【無限】より

…古代ギリシアでは無限論は哲学と数学の交錯の上に成立した。そこでは無限はアペイロンapeironと呼ばれ,文字どおり明確な限定,限界のない,形のないものである。この点からすると無限は消極的,否定的なものとならざるをえない。…

※「アペイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アペイロンの関連キーワードト・アペイロンアナクシメネスイオニア学派陰陽五行説四元素論物活論無限