アペイロン(英語表記)〈ギリシャ〉apeiron

精選版 日本国語大辞典「アペイロン」の解説

アペイロン

〘名〙 (apeiron 「限定のないもの」の意) ギリシアのアナクシマンドロスが世界の根源の実在について用いた哲学概念。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアペイロンの言及

【無限】より

…古代ギリシアでは無限論は哲学と数学の交錯の上に成立した。そこでは無限はアペイロンapeironと呼ばれ,文字どおり明確な限定,限界のない,形のないものである。この点からすると無限は消極的,否定的なものとならざるをえない。…

※「アペイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android