コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポリナリウス Apollinarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポリナリウス
Apollinarius

2世紀のヒエラポリス司教,弁証家,聖人。ローマ皇帝マルクス・アウレリウスにあてた信仰弁証の書を著わした。

アポリナリウス
Apollinarius

[生]310頃
[没]390頃
ラオデキアの司教。神学者。アタナシウスと親交がありアリウス派に反対,アポリナリウス説を唱える。コンスタンチノープル公会議 (381) で排斥された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアポリナリウスの言及

【キリスト論】より

…アリウス説はニカエア・コンスタンティノポリス信条(381)において退けられ,ここに正統的教義が確立した。このとき,キリストの人性の完全性を否定するアポリナリウスも退けられたが,続いてネストリウスは逆に人性を第一として神性を弱め,あるいはエウテュケスは人性を神性の中に吸収するなど,神性・人性の区別を明らかにしない〈単性論〉が行われた。これを排したのはカルケドン信条(451)の〈両性論dyophysitism〉であって,〈両性は混合せず分離せず〉というのがその表現である。…

※「アポリナリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アポリナリウスの関連キーワードグレゴリウス[ナジアンズ]エピファニオス[サラミス]アンティオキア学派アタナシウス

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android