コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロン・エピクリオス神殿 アポロンエピクリオスしんでん

1件 の用語解説(アポロン・エピクリオス神殿の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アポロン・エピクリオス神殿【アポロンエピクリオスしんでん】

ギリシア南部,ペロポネソス半島の中央部,標高1130mのアルカディア山中に建つ前5世紀の神殿。これまで発見された中で最古のコリント様式の柱頭をもつ。原始性の残る古代ギリシア建築様式ドーリア様式が融合した神殿。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アポロン・エピクリオス神殿の関連キーワードアカイア人オリンピアスパルタ歴史ツキディデスアポロエピクリオス神殿ペネイア種 (Peneia)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone