建築家(読み)けんちくか

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくか【建築家 architect】


アーキテクトの意味]
 アーキテクト(建築家)という呼名の起源は,ギリシア語のアルキテクトンarchitektōnで,これは〈大技術家〉という意味である。つまり,単に大規模で重要な建物を建てるだけでなく,道路,橋梁,水道,港湾のような土木工事,城壁,要塞,攻城機械,投石機のような軍事技術,日時計,水時計揚水機起重機,運搬機のような機械製作も行う多芸多才な技術者で,平時には神殿その他を建て,戦時には軍事技術者として従軍し,攻撃や防備の施設や道具をその場で考案しつくり出す技術家であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんちく‐か【建築家】

〘名〙 建築物の設計および工事の監督などを業とする人。建築師。〔和蘭学制(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建築家の関連情報