コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ酸評点パターン

栄養・生化学辞典の解説

アミノ酸評点パターン

 単に評点パターンともいう.特定の食事タンパク質や,対象となる食事全体のタンパク質の栄養価を判定するための判断基準となるべきタンパク質中のアミノ酸含量.以前は栄養的価値の高い全卵タンパク質や人乳のタンパク質のアミノ酸含量をそのまま評点パターンとしていたが,近年はヒトのタンパク質所要量とアミノ酸必要量の研究を基礎として設定したパターンを使う.1973年,FAO/WHOが暫定の評点パターンを提案した.現在はFAO/WHO/UNUが1985年に提案したパターンが広く採用されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android