暫定(読み)ザンテイ

デジタル大辞泉 「暫定」の意味・読み・例文・類語

ざん‐てい【暫定】

正式な決定がなされるまで、仮の措置として、とりあえず定めること。「暫定政権」
[類語]確定既定本決まり内定所定未定予定決定不定不確定不特定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「暫定」の意味・読み・例文・類語

ざん‐てい【暫定】

  1. 〘 名詞 〙 はっきりそうときめるまでの間、仮にきめておくこと。仮の取り決め。〔英和外交商業字彙(1900)〕
    1. [初出の実例]「戦闘停止ということはあくまで暫定のものだから」(出典:出発は遂に訪れず(1962)〈島尾敏雄〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「暫定」の読み・字形・画数・意味

【暫定】ざんてい

臨時

字通「暫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報