コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムネマチン山脈 あむねまちんさんみゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムネマチン山脈
あむねまちんさんみゃく / 阿尼瑪卿山

中国、青海(せいかい/チンハイ)省南東部を西北西から東南東の方向に連なる山脈。積石(せきしゃく/チーシー)山脈ともいう。崑崙(こんろん/クンルン)山脈東部に属し、チャイダム盆地南東部のブルハンブダイ山脈の東方に続く。南に黄河(こうが/ホワンホー)源流を隔ててバインハル山脈が並走する。1920年ごろから謎(なぞ)の山脈として探検家たちの注目を集め、8000メートル峰またはエベレスト山より高い山がある可能性が論じられていた。1960年に中国の調査隊によって最高峰アムネマチン峰の位置と標高(6282メートル)が決定された。このとき初登頂された山は第2峰6268メートルであった。頂稜(ちょうりょう)は北西から南東へ長く連なり、5800メートル以上の山10座ほどをもち、北東斜面に氷河が数本流れている。3200メートル以下はマツやセツザントウヒの原始林に覆われ、ユキヒョウ、オオヤマネコ、ハイイログマなど野生動物が多い。チベット語のアムネは老人、マチンは活仏の最高の従者を意味する。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アムネマチン山脈の関連キーワードハイイログマオリンノール崑崙山脈マチェン岷山山脈積石山脈黄河

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android