コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従者 ジュウシャ

大辞林 第三版の解説

じゅうしゃ【従者】

主人のともをする人。おとも。ともびと。じゅしゃ。ずさ。

じゅしゃ【従者】

じゅうしゃ(従者) 」に同じ。

ずさ【従者】

「じゅしゃ」の直音表記。 「ありがたきもの…主そしらぬ-/枕草子 75

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の従者の言及

【中間】より

…平安時代に現れ(《古今著聞集》),武家社会を通じてひろくみられた。従者のうちの下で雑色(ぞうしき)(小者)の上,つまり両者の中間に位置するところから,この名があるともいわれるが(《四季草》《貞丈雑記》),侍,雑色,中間の順に記す例もみられる(《北条重時家訓》)。鎌倉・室町期の武家の中間は〈主人の弓・箭・剣等を持ちて御供に候し,また警護等のことをつとむ〉(《相京職鈔》)とか,〈折烏帽子に小結して,直衣に大帷をかさね,袴に大口をかさねて著るが中間〉とされ(《玉勝間》ほか),御中間といわれて領主の強制執行などの使者もつとめた。…

【奉公人】より

…平安時代後期以来,武士の封建的主従関係は,主人の従者に対する所領給与=〈御恩〉と,従者の主人に対する軍事的勤務=〈奉公〉という関係によって成立していたが,本来奉公人とは,武士のこの主従関係における従者をさし,主君に対する家臣の意味である。奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。…

※「従者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

従者の関連キーワード駕籠脇・駕篭脇サンチョパンサスプートニク槍一筋の主プロテウス装束の傘鶏口牛後太郎冠者差し几帳行き違ふ酔ひ死ぬ家子郎党航米日録端折り傘差掛け傘位分資人職分資人長崎凧大太刀供回り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従者の関連情報