アラカ・ヒュユク(英語表記)Alaca Hüyük

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラカ・ヒュユク
Alaca Hüyük

アラジャ・ヒュユクとも呼ばれる。トルコアンカラの東方 150kmに位置し,有名な古代遺跡ボガズキョイの北東にある遺跡。 1907年 M.ベイが調査を始め,35年からは R.アリク,H.コシャイらの指揮でトルコ歴史協会が発掘した。前 2500年頃の王侯の墓からはすばらしい金の細線細工や宝石の装身具類,水差し,黄金杯,銅や青銅の容器や小像,女性像,各種の土器類などが発見された。またヒッタイト帝国時代に建てられた神殿やスフィンクス門,オルトスタットなども明らかにされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android