コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラリン岩 アラリンがん allalinite

1件 の用語解説(アラリン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アラリン岩

完全に変質した斑糲(はんれい)岩で,二次鉱物に置き換えられているが,自形結晶は仮晶となって原岩の組織が保存されているもの[Rosenbusch : 1896].これに対して原岩の鉱物組成も組織も影響を受けた斑糲岩をフレーザー斑糲岩(flaser gabbro)という.スイスツェルマット近くのアラリン(Allalin)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラリン岩の関連キーワード眼球斑糲岩斑糲片岩モンゾ斑糲岩灰長石斑糲岩滑石斑糲岩ソーシュル石斑糲岩鉄斑糲岩斑糲輝緑岩フレーザー斑糲岩変斑糲岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone