アラリン岩(読み)アラリンがん(英語表記)allalinite

岩石学辞典の解説

アラリン岩

完全に変質した斑糲(はんれい)岩で,二次鉱物に置き換えられているが,自形結晶は仮晶となって原岩の組織が保存されているもの[Rosenbusch : 1896].これに対して原岩の鉱物組成も組織も影響を受けた斑糲岩をフレーザー斑糲岩(flaser gabbro)という.スイス,ツェルマット近くのアラリン(Allalin)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android