コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラリン岩 アラリンがんallalinite

岩石学辞典の解説

アラリン岩

完全に変質した斑糲(はんれい)岩で,二次鉱物に置き換えられているが,自形結晶は仮晶となって原岩の組織が保存されているもの[Rosenbusch : 1896].これに対して原岩の鉱物組成も組織も影響を受けた斑糲岩をフレーザー斑糲岩(flaser gabbro)という.スイス,ツェルマット近くのアラリン(Allalin)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android