コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2次鉱物 にじこうぶつsecondary mineral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

2次鉱物
にじこうぶつ
secondary mineral

鉱物が初生的に晶出したのち,化学変化して最初と異なる鉱物になったもの。一般には変質作用によるもので,地表水,地下水熱水などによって酸化,水酸化,分解してできる。鉄鉱物では褐鉄鉱 (鉄錆) ,多くの造岩鉱物に由来する各種粘土鉱物などが顕著な例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

2次鉱物の関連キーワードホーン・シルバーリン灰ウラン石軟マンガン鉱ジャロサイトビスマタイト硫酸塩鉱物コバルト華ポリハル石銅ウラン石ダトライトギブス石トルコ石土壌鉱物火山灰土藍銅鉱白鉛鉱赤銅鉱銅藍

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android