コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラワク族 アラワクぞくArawak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラワク族
アラワクぞく
Arawak

アラワク語族に属する言語を話すラテンアメリカインディアン諸民族の総称。アラワク語はラテンアメリカインディアンの言語のなかで最も広い地域にわたって分布している。言語以外の面で共通性はあまりみられず,分散したそれぞれの環境に適応して多様な文化を形成している。アラワク諸民族の代表として知られたアンティル諸島のアラワク族は,発達した神権的首長国家を築いたが,植民地時代に衰退し,現在はほとんど生存していない。大陸部では主としてアマゾン流域の北部および西部の熱帯雨林地帯に分布し,小規模であるが自律性の高い農耕村落社会を営む。コロンビアのゴアヒロ族,ペルーのカンパ族,マチゲンガ族,ボリビアのモホ族などが現存する有力民族である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラワク族の関連キーワードサン・サルバドル[島]シントマールテンサンタマルタ山地ヒスパニオラ島バージン諸島モンテゴベイバルバドスジャマイカスリナムカリブ人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android