アラーバリ山脈(読み)アラーバリさんみゃく(英語表記)Arāvalli Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラーバリ山脈
アラーバリさんみゃく
Arāvalli Range

インド西部,ラージャスターン州南部から北東方に連なる山脈。全長約 560km。幅約 10~100km。標高は一般的に 300~900mであるが,最高点は 1722mのアブ山。北東へいくに従い次第に高度を減じるが,ジャイプル北方で再び 500m以上となる。地質的には先カンブリア時代の変成岩から成り,花崗岩,片岩,頁岩が主体。全体に降水量は少く,尾根では岩石が露出し,谷筋も樹木が少く砂漠状をなす。ジャイプル西方のサンバール湖は塩湖である。北部にはジャイプル,アジメールなどの都市があるが,南部の山中では人口希薄で耕地も少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android