コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頁岩 けつがん shale

翻訳|shale

5件 の用語解説(頁岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頁岩
けつがん
shale

薄く割れやすい性質をもつ泥岩泥板岩ともいう。本のページ(頁)をめくるように剥離性のあることから名づけられた。ただし,泥岩がさらに固結した粘板岩スレート)との中間の岩石を頁岩と総称することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けつ‐がん【×頁岩】

シルト粘土堆積岩(たいせきがん)で、板状に薄くはがれる性質のもの。泥板岩。シェール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

頁岩

粘土,シルト,あるいは泥が固まってできた細粒の堆積岩.細かいラミナ構造を有していて裂けやすく,赤色,褐色,黒色,灰色など種々の色調のものがある.葉理が存在し,0.4mm以下の厚さで,一般に粘土の粒度の岩屑石英粒と混合している.様々な頁岩が知られている.頁岩という語は時に泥岩と同意義に用いられるが,泥岩には葉理および割れやすさが欠けている[Krynine : 1948, Pettijohn : 1949, Tourtelot : 1960,隅田 : 2002年].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けつがん【頁岩】

泥土が水底に積み重なって固まったもので、板状にうすくはがれやすい泥岩。泥板岩。シェール。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頁岩
けつがん
shale

泥質の堆積(たいせき)岩のなかで、層理面に平行に薄くはげやすい性質をもつ岩石。シェールともいう。普通、粒径16分の1ミリメートル以下のシルト(微砂)と粘土からなり、暗色を呈する。地層の断面で、細かく平行に発達した葉理が認められるものをいう。はげやすい性質または平行な葉理ができるのは、構成粒子の粒度の異なるものが薄く交互に積み重なっていること、あるいは有機物や炭酸カルシウムなど化学成分の含有量が交互に変わっていることなどの初生的な成因と、地層の荷重による圧縮や再結晶作用によって粘土鉱物や雲母(うんも)類が層理面に平行に配列する二次的な成因があると考えられている。各地質時代の地層より産するが、古い時代の泥質岩は普通、低度の変成作用を被り、硬くなり、層理面と斜交したはげやすい性質をもつようになる。それは粘板岩として頁岩とは区別される。含有物質の違いにより、炭質、石灰質、珪(けい)質、凝灰質頁岩などがあり、とくに石油成分を含むものを油頁岩または油母頁岩(オイルシェール)という。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頁岩の関連キーワード泥岩凝血泥砂火山涙鈴石泥質石筍アルカリ硬盤層褐色泥明礬粘土植物蛋白石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頁岩の関連情報