コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラー・ウッディーン・ハルジー(英語表記)‘Alā al‐Dīn Khaljī

世界大百科事典 第2版の解説

アラー・ウッディーン・ハルジー【‘Alā al‐Dīn Khaljī】

1266?‐1316
インドのデリー・サルタナットの一つであるハルジー朝第3代スルタン。在位1296‐1316年。初代スルタンのジャラールッディーンの甥で女婿。ジャラールッディーン父子をそれぞれ暗殺・追放して皇帝の位につく。彼は非常に野心的で,デカン,南インドにまで遠征軍を派遣し,これまで北インドに限定されていたスルタンの支配領域を,一時的ながらも初めて南インドに拡大することに成功した。【小名 康之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラー・ウッディーン・ハルジーの言及

【ハルジー朝】より

…トルコ系のハルジー族のジャラールッディーン・ハルジーJalāl al‐Dīn Khaljī(在位1290‐96)が建てた王朝である。第2代皇帝アラー・ウッディーン・ハルジー(在位1296‐1316)は事前の測量に基づく貢租徴収方式,徴収にあたっての中間者の排除など,税制上,軍事上の改革を次々に打ち出した。それらの多くは彼の時代に実施されずに終わったが,のちの時代に取り入れられた。…

※「アラー・ウッディーン・ハルジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android