コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカン Deccan

翻訳|Deccan

2件 の用語解説(デカンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

デカン【Deccan】

インドの南半分を占める高原。一般にはナルマダ川以南のインド半島一帯をさす。肥沃なレグール土におおわれ、綿花を多く産し、石炭・鉄などの地下資源にも富む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デカン
でかん
decane

アルカンに属する炭素10個からなる鎖式飽和炭化水素の総称で、直鎖状のデカンn-デカン)とその異性体をさす。狭義では、n-デカンCH3(CH2)8CH3だけをデカンとよぶ。n-デカンは石油中に存在し、タールの150~180℃留分にも含まれる。無色の液体で、溶剤などとして用いられる。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デカンの関連情報