アリ フォルマン(英語表記)Ari Folman

現代外国人名録2016の解説

アリ フォルマン
Ari Folman

職業・肩書
映画監督

国籍
イスラエル

生年月日
1962年

出生地
ポーランド・ワルシャワ

学歴
テルアビブ大学映画学科卒

受賞
イスラエル・アカデミー賞〔1991年〕「Comfortably Numb」,イスラエル・アカデミー賞監督賞〔1996年〕「セイント・クララ」,米国監督組合賞(ドキュメンタリー部門,2008年度)「戦場でワルツを」

経歴
幼少の頃イスラエルに移住し、ハイファで少年時代を送る。大学卒業後、テレビ局チャンネル2に就職。1991年湾岸戦争に関するドキュメンタリー「Comfortably Numb」を同僚のオリ・シヴァンと共同製作・監督、イスラエル・アカデミー賞などを受賞、一躍脚光を浴びる。’96年劇場用映画デビュー作「セイント・クララ」を共同監督し、再びイスラエル・アカデミー賞の監督賞など6部門を独占、’96年の最大ヒット映画となる。2008年自らの従軍経験をアニメ化したドキュメンタリー「戦場でワルツを」を監督・脚本・製作、米国のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされる。他の作品に「コングレス未来学会議」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報