アリオバルザネス3世(読み)アリオバルザネスさんせい(英語表記)Ariobarzanēs III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリオバルザネス3世
アリオバルザネスさんせい
Ariobarzanēs III

[生]?
[没]前42
ヘレニズム時代のカッパドキアの王。アリオバルザネス2世の子。前 52年に王位についたが,王朝の内紛が絶えず,みずからの地位をローマの将軍たち (大ポンペイウス,M.ブルーツス,ユリウス・カエサル,M.キケロ) への贈賄によって維持した。前 42年に G.カッシウスによって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android