コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシウス カッシウス Cassius, Hemina

9件 の用語解説(カッシウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシウス
カッシウス
Cassius, Hemina

前2世紀頃のローマの年代記編者。初期イタリア時代とローマの建国から第2次ポエニ戦争までの歴史を第3次ポエニ戦争直前に書いた。彼の関心はイタリアの起源および語源,社会,宗教の故事にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カッシウス
カッシウス
Cassius Longinus, Gaius

[生]?
[没]前42. マケドニアフィリッポイ近郊
古代ローマの政治家。ユリウスカエサル暗殺の主謀者。前 53年財務官 (クアエストル ) となり,シリアパルチア軍と戦う。ポンペイウス (大ポンペイウス) を支持してカエサルと戦ったが,のち許されて,前 44年執政官 (コンスル ) に任じられシリア総督職を約束された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カッシウス
カッシウス
Cassius Longinus, Lucius

前1世紀頃のローマの政治家。ユリウス・カエサルを暗殺した G.カッシウスとは兄弟であったが,カエサル派で暗殺にも加担しなかった。オクタウィアヌス (アウグスツス) を支持したが,前 43年アシアに逃れ,前 41年には M.アントニウスを支持した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カッシウス
カッシウス
Cassius Longinus, Quintus

[生]?
[没]前47
ローマ共和政末期の政治家。前 54年ポンペイウス (大ポンペイウス) のもとにヒスパニアで財務官 (クアエストル ) をつとめ,悪名をはせたあと,ユリウス・カエサル側に寝返った。カエサルによってヒスパニア総督に任じられたが,属州民と軍隊の反乱にあい,後任者到着後,退去したが,エブロ河口で難船により死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カッシウス
カッシウス
Cassius Longinus, Ravilla

前2世紀頃のローマの政治家。前 137年護民官 (トリブヌス・プレビス ) ,前 127年執政官 (コンスル ) ,前 125年戸口総監 (ケンソル ) を歴任。民会の裁判の秘密投票を立法化。水道工事,適格調査などに業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カッシウス
カッシウス
Cassius Vecellinus, Spurius

前6~5世紀に活躍したローマの政治家。パトリキ (貴族) 出身。3度執政官 (コンスル ) となり,前 502年サビニ人を破り,前 493年ラチニ人と相互防衛同盟カッシウス条約を結んだ。一説によればプレプス (平民) のために農地法を提案し,パトリキらの反対にあい処刑されたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カッシウス(Cassius Longinus)

[?~前42]ローマの将軍。カエサル暗殺の首謀者の一人。のち、アントニウスと戦って自殺。カシウス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カッシウス【Gaius Cassius Longinus】

?‐前42
共和政末ローマの政治家。カラエの敗戦経験後,属州シリアをパルティアから防衛。内乱ではポンペイウス派に属した。赦免され,前44年プラエトル在職中ブルトゥスらとカエサル暗殺を組織した。決行後シリア方面に逃れて軍備を整え,ブルトゥスと合流してマケドニアのフィリッピでアントニウス=オクタウィアヌス軍と会戦(前42)し敗死。独裁者への憎悪は,幼時のスラ子息殴打事件の挿話からも知られる。【栗田 伸子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッシウス
かっしうす
Gaius Cassius Longinus
(?―前42)

古代ローマ、共和政末期の政治家、将軍。カエサル暗殺の首謀者の一人。M・J・ブルートゥス義兄弟。カエサル、ポンペイウスの内乱ではポンペイウス艦隊を率いたが、のちカエサルに赦(ゆる)されて、諸官職を歴任し、紀元前44年には法務官に任ぜられた。共和政的な伝統護持の立場から、ブルートゥスたちと組んで、前44年3月15日、カエサルを暗殺した。その後は、ローマ民衆の厳しい敵対心のため逃れて、シリアで勢力を蓄えたが、ブルートゥスとともにアントニウス、オクタウィアヌスの連合軍とフィリッピで戦い、その第1回目の戦闘で敗死した。ブルートゥスに比べると現実的で洞察力に優れたが、人望は薄く、影響力も小さかった。[長谷川博隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカッシウスの言及

【カエサル】より

…また前45年1月1日から太陽暦(ユリウス暦)を採用している。しかし,権力・栄誉を一身に集中したため,共和政護持派のブルトゥス,カッシウスらに前44年3月15日,元老院議場で暗殺された。 雄弁家・文人としても第一級の人物であったが,演説の草稿,書簡,パンフレットは散逸し,現存するのは,簡潔な文体,的確な現実把握の点でラテン文学の傑作といわれる《ガリア戦記》《内乱記》のみである。…

※「カッシウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カッシウスの関連キーワードカエサルガビニウスネポスファビウス共和政治ローマの祭ROME ローマブルトゥスウェレスローマ理念

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone