コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリシン

2件 の用語解説(アリシンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アリシン

 C6H10OS2 (mw162.28).

 ニンニクに特有の臭気成分で,ニンニク中のアリインの酸化によって生成する.抗菌効果があるほか,ビタミンB1と結合してアリチアミンとなる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

アリシン【allicin】

たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭(香気成分)や辛味成分。たまねぎやにんにくなどに含まれる含硫化合物であるアリインが傷つけられると、酵素アリナーゼの作用によってアリシンが生成される。にんにく、たまねぎ、長ねぎ、にら、らっきょうなどに多く含まれる。体内でビタミンB1と結合してアリチアミンとなり、ブドウ糖からのエネルギー産生に効果を発揮するほか、疲労回復、新陳代謝の活性化、血栓の予防、風邪の予防・改善、血中脂肪の燃焼促進、コレステロール値の抑制、がんの予防などの作用があるとされる。◇「硫化アリル」、「アリル化合物」とも呼ぶ。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

アリシンの関連キーワード塩化第二鉄ケイ酸アルミニウムケイ皮酸メチルジエチルピロカーボネートヒドロキシリシン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリシンの関連情報