コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリューロン層 アリューロンそう

2件 の用語解説(アリューロン層の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アリューロンそう【アリューロン層】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アリューロン層

 糊粉層,アリューロン顆粒ともいう.穀類の外皮の下にあり,胚乳をとりまくコムギでは単層,コメでは1〜4層の細胞.胚乳の一部であるが,とう(搗)精の過程では糠になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリューロン層の関連キーワード顆粒剤ヒューロン湖アリュート顆粒白血球糊粉層メラニン顆粒メラノソームアリューロン顆粒コメ糠精穀機

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone