コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリューロン層 アリューロンそう

栄養・生化学辞典の解説

アリューロン層

 糊粉層アリューロン顆粒ともいう.穀類の外皮の下にあり,胚乳をとりまくコムギでは単層,コメでは1〜4層の細胞.胚乳の一部であるが,とう(搗)精の過程では糠になる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

アリューロン層の関連キーワードアリューロン粒コムギふすまジベレリン発芽種子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android