アリー・シール・ナバーイー(英語表記)‘Alī Shīr Navā’ī

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・シール・ナバーイー【‘Alī Shīr Navā’ī】

1441‐1501
中央アジアのティムール朝時代の詩人,政治家。スルターン・フサイン(在位1470‐1506)治下のヘラートの宮廷で宰相をつとめるかたわら,チャガタイ・トルコ語を用いて6部のマスナビー体の長編詩,4部の短編詩集,それに四行詩集などのすぐれた文学作品を著して,トルコ語の文章語としての地位の確立に貢献。現在も中央アジアのトルコ系諸民族によって文化的英雄として尊崇されている。【間野 英二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android