コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキメデスのスパイラル spiral of Archimedes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルキメデスのスパイラル
spiral of Archimedes

アルキメデスの渦巻線または螺線ともいう。原点Oを極とし,x 軸を始線とする極座標系に関して,方程式 rmamθ で与えられる曲線のうち,m=1 の場合,すなわち raθ という方程式をもつものをいい,前 225年頃に取扱われた。 m=2 の場合をフェルマの螺線,m=-1 の場合を双曲螺線,m=-2 の場合をリツウス Lituus という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルキメデスのスパイラルの関連キーワードアルキメデス超越曲線双曲螺線フェルマ方程式

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android