コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキルベンゼン アルキルベンゼンalkylbenzene

3件 の用語解説(アルキルベンゼンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルキルベンゼン(alkylbenzene)

ベンゼン環アルキル基が結合した化合物の総称。ふつうは合成洗剤原料になる、アルキル基炭素数10~15のものをさす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルキルベンゼン
あるきるべんぜん
alkylbenzene

ベンゼンC6H6のアルキル置換体の総称。ベンゼン環にアルキル基が結合した芳香族炭化水素をいう。アレーンareneともいう。アルキル基の数に応じてモノ、ジ、トリ、テトラアルキルベンゼンのようによばれる。メチル置換体には慣用名があり、たとえばトルエンC6H5CH3(メチルベンゼン)、キシレンC6H4(CH3)2(ジメチルベンゼン)、メシチレンC6H3(CH3)3(トリメチルベンゼン)、メリテンC6(CH3)6(ヘキサメチルベンゼン)などである。合成は、ベンゼンとハロゲン化アルキルを無水塩化アルミニウムAlCl3を触媒にして反応させるフリーデル‐クラフツ反応とか、相当するケトン類RhCORのカルボニル基Oをメチレン基-CH2-に還元するクレメンゼン還元などによる。反応性はアルカンとベンゼンの両方の性質を有する。用途は広く、有機合成の出発原料になるが、合成洗剤工業の中核となるのもアルキルベンゼンである。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルキルベンゼンの関連情報