コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴンキン=ワカシュ語族 アルゴンキン=ワカシュごぞくAlgonkian-Wakashan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴンキン=ワカシュ語族
アルゴンキン=ワカシュごぞく
Algonkian-Wakashan languages

カナダとアメリカ合衆国の大西洋沿岸から内陸部,一部はさらに西海岸まで広く分布。アルゴンキン=リトワン語族とモサン語族に二大別される。前者はさらに,(1) オジブワ語(別名チペワ語)やメノミニ語,クリー語,フォックス語,ブラックフット語,アラパホ語などからなるアルゴンキン語族と,(2) ウィヨット語とユロク語からなるリトワン語族とに分かれる。後者のモサン語族は,ヌートカ語やクワキウトル語などのワカシュ語族,チマクム語族,サリシュ語族の 3派に分かれる。その他,カナダのクテナイ川流域のクテナイ語や,すでに死語となったベオスック語がある。なお,ムスコギ語族,ナチェズ語,トゥニカ語族,トンカワ語なども広義のアルゴンキン語族に含める説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルゴンキン=ワカシュ語族の関連キーワードアメリカインディアン諸語ブルームフィールドアベナキ族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android