アルゴンキン=ワカシュ語族(読み)アルゴンキン=ワカシュごぞく(英語表記)Algonkian-Wakashan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴンキン=ワカシュ語族
アルゴンキン=ワカシュごぞく
Algonkian-Wakashan languages

カナダとアメリカ合衆国の大西洋沿岸から内陸部,一部はさらに西海岸まで広く分布。アルゴンキン=リトワン語族とモサン語族に二大別される。前者はさらに,(1) オジブワ語(別名チペワ語)やメノミニ語,クリー語,フォックス語,ブラックフット語,アラパホ語などからなるアルゴンキン語族と,(2) ウィヨット語とユロク語からなるリトワン語族とに分かれる。後者のモサン語族は,ヌートカ語やクワキウトル語などのワカシュ語族,チマクム語族,サリシュ語族の 3派に分かれる。その他,カナダのクテナイ川流域のクテナイ語や,すでに死語となったベオスック語がある。なお,ムスコギ語族,ナチェズ語,トゥニカ語族,トンカワ語なども広義のアルゴンキン語族に含める説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android