コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴンレーザー argon laser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴンレーザー
argon laser

イオンレーザーの1種でアルゴンイオンを使う。発振線は可視部では 488nm () と 514.5nm (黄緑) ,紫外部では 351.1nm と 363.8nmである。連続出力 1 W 程度が可能であり,青や緑の領域ではほかに適当なレーザー光源が少なかったので,よく利用されたが,青や緑を発光する半導体レーザーの開発とともに応用範囲が限られるようになってきている。中性アルゴンを放電によりイオン化し,さらにポンピング励起状態に上げるためには大電流密度のアーク放電が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアルゴンレーザーの言及

【レーザー】より

…気体を媒質として用いる気体レーザーのうち,ヘリウム‐ネオンレーザー(波長3.4μm帯,1.1μm帯,632.8nm帯)は出力は小さいが,安定で単色性がよいので,長さの二次標準や精密実験に使用される。アルゴンイオンレーザー(アルゴンレーザーともいう)は514.5nm,488.0nmなど可視域で数本の強い発振線をもつほか,紫外から近赤外の広い範囲で50本以上の発振線をもつ。可視域の発振線は連続的に数Wの出力をだすことが可能で,色素レーザーの励起やラマン分光など強い光が要求される分野で多用されている。…

※「アルゴンレーザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルゴンレーザーの関連キーワードArイオンレーザーレーザーメスレーザー加工気体レーザー光CVD法光凝固録画

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルゴンレーザーの関連情報