コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルトゥク朝 アルトゥクちょう Artuq

1件 の用語解説(アルトゥク朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルトゥクちょう【アルトゥク朝 Artuq】

11世紀末より15世紀初頭までティグリス川上流のディヤルバクル地方に存続したトルクメン系王朝。始祖のアルトゥクはセルジューク朝アミールとして活躍。彼の子イルガージーIlghāzīスクマーンSukmānそれぞれ王朝の基礎を固め,以後13世紀前半まで両系の王統がディヤルバクル地方の諸都市を統治した。セルジューク朝,ザンギー朝アイユーブ朝イル・ハーン国などの周辺の強大な勢力に服属してアナトリア南東の町マルディンを領した王統は15世紀初頭まで存続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルトゥク朝の関連キーワードティグレブラガンサディグリーベルエポック藁算エスフィグメヌ修道院スィグルダ城ペディグリーマジャパヒト朝フェティエモスク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone