終焉(読み)シュウエン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐えん【終×焉】

生命が終わること。死を迎えること。また、その時。臨終。最期。末期(まつご)。比喩的にも用いる。「終焉の地」「近代の終焉
[補説]書名別項。→終焉

しゅうえん【終焉】[書名]

幸田文による随筆。昭和22年(1947)「文学」誌に発表。父である幸田露伴看取りを描いた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうえん【終焉】

命の終わろうとすること。死のまぎわ。末期まつご
世俗を離れて静かに余生を過ごすこと。 「ここを-の地と定める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐えん【終焉】

〘名〙 (古くは「じゅうえん」とも)
① 晩年を送ること。〔塵芥(1510‐50頃)〕
② 死に臨むこと。死のうとすること。また、その時。最期。臨終。いまわのきわ。
※拾遺往生伝(1111頃)上「其終焉之時、威儀如例」
※平家(13C前)一〇「されども終焉の時、一念の菩提心をおこししによって」
③ (比喩的に用いて) 物事の終わり。
※乱世逸民問答(1949)〈渡辺一夫〉「ルネサンスから始まった近代の終焉(シュウエン)のほうへと進んでいるのじゃないかと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終焉の関連情報