終焉(読み)しゅうえん

精選版 日本国語大辞典「終焉」の解説

しゅう‐えん【終焉】

〘名〙 (古くは「じゅうえん」とも)
① 晩年を送ること。〔塵芥(1510‐50頃)〕
② 死に臨むこと。死のうとすること。また、その時。最期。臨終。いまわのきわ。
※拾遺往生伝(1111頃)上「其終焉之時、威儀如例」
※平家(13C前)一〇「されども終焉の時、一念の菩提心をおこししによって」
③ (比喩的に用いて) 物事の終わり。
※乱世逸民問答(1949)〈渡辺一夫〉「ルネサンスから始まった近代の終焉(シュウエン)のほうへと進んでいるのじゃないかと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終焉」の解説

しゅう‐えん【終×焉】

生命が終わること。死を迎えること。また、その時。臨終。最期。末期(まつご)。比喩的にも用いる。「終焉の地」「近代の終焉
[補説]書名別項。→終焉

しゅうえん【終焉】[書名]

幸田文による随筆。昭和22年(1947)「文学に発表。父である幸田露伴の看取りを描いた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android