コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルトナ Altona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルトナ
Altona

ドイツ北部,ハンブルク市の一地区で,エルベ川の右岸,市の中心から西方約 5kmの地にある。アルトナの地名はかつてここに旅館があり,ハンブルクに近かったことから人人が「近すぎる」 (アルツー・ナー) と呼んだことに由来。 1640年頃はアルトワッサーと呼ばれる小漁村であったが,64年都市となり,港町として発達。 1937年ハンブルク市に合併された。アルトナ駅はハンブルクへ集る鉄道のターミナル。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルトナの関連キーワードシュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve)アシュケナージ・ベン・ヤコブヨハン・アドルフ レブソルトジャン・ポール サルトルグルリット コルネリウスハンス ブルンクリリエンクローンゲルステンベルクアイスランド史ウィーンバルクレイキャビークアイスランドアスムッセンアルトゥーナミラベル宮殿シュトルーベメルボルンデ・シーカライネッケアルトナー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android