コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフトゥム Al-Khutm

デジタル大辞泉の解説

アル‐フトゥム(Al-Khutm)

オマーン北部、アフダル山西麓にある遺跡青銅器時代に銅の採掘で栄え、遠くメソポタミアまで輸出していたと考えられている。周辺のバットアルアインの遺跡とともに、1988年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルフトゥムの関連キーワードアルアイン遺跡