コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルツス・マグヌス Albertus Magnus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベルツス・マグヌス
Albertus Magnus

[生]1200頃.ドイツ,ラウインゲン
[没]1280.11.15. ケルン
聖人 (祝日 11.15.) 。教会博士 (全科博士) 。ドミニコ会士。中世スコラ哲学の巨峰の一人。ドイツでの教授活動ののち,1245年頃パリで教え,48年ケルンに同会の総合学院を組織。 54~57年ドイツ管区長。 56年サンタムールのギヨームと対決。 60年レーゲンスブルク司教。 63年よりドイツ,ボヘミア十字軍唱道。哲学ではアラビア経由のアリストテレスの全作品を注解し,その自然学によって新世界を開き,弟子トマス・アクィナスによる体系化を促した。反面偽ディオニュシオスの全作品の注解にみられる新プラトン主義的傾向は,弟子シュトラスブルクのウルリヒらを通して 14世紀ドイツ神秘主義の源流となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルベルツス・マグヌスの関連キーワードベルトルト[レーゲンスブルク]ウルリヒ[シュトラスブルク]ディオニュシオス偽書スンマ・テオロギアエインノケンチウス5世アリストテレス学派キリスト教神秘主義イブン・ルシュドキリスト教哲学シュナイダーオートマトンアルベルツスタブラ・ラサ錬金術スンマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android