コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨峰 キョホウ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ほう【巨峰】

ブドウの一品種。実は黒紫色で大粒。昭和17年(1942)大井上康がアメリカ系とヨーロッパ系とを交雑して作出。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

巨峰

山梨県、愛知県、福岡県、鹿児島県、長崎県、栃木県などで生産されるブドウ。果皮は黒紫色で粒は10~12g程度と大粒、果汁が多く上品な甘さで人気が高い。種あり、種なしがあるが、近年は種なしが人気。静岡県の大井上理農学研究所が「石原早生」と「センテニアル」を交配して作出した品種で、1945年に発表、55年に商標登録。品種名は「石原センテニアル」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょほう【巨峰】

ブドウの品種の一。日本で育成されたアメリカブドウとヨーロッパブドウの交雑種で、紫黒色逆卵形の大粒の実を結ぶ大房の優良種。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

巨峰[果樹類]
きょほう

関東地方、栃木県の地域ブランド。
主に下都賀郡岩舟町・下都賀郡大平町を中心に生産される。岩舟町のぶどうの生産は50年ほど前に山梨県から苗木を取り寄せて植えたのが始まり。巨峰を中心に約100haほどの作付けが行われ、生産量は県下一。大平町では明治末からブドウ栽培が行われ、現在、約74haのぶどう園が形成されている。巨峰を中心に、キャンベルス、ピオーネ、ベリーAやデラウェアなどの品種が栽培されている。収穫時期はハウス栽培のものは5月上旬から、路地栽培は夏から秋口まで。加工品としてはジャムやジュースのほか、巨峰ワインなどもつくられている。

巨峰[果樹類]
きょほう

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
北信・長野地域を中心に長野県内各地で生産されている。1950(昭和25)年に栽培が始まった。昼夜の温度差が大きく、降水量も少ないため、長野県はぶどう栽培に適する。巨峰は、長野県のぶどう栽培面積のおよそ74%を占める品種。2005(平成17)年には生産量全国第1位となっている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

巨峰の関連キーワードクレームドキョホウ<巨峰紫>フルーツソーダキャンディ新ロマン主義(ドイツ)ノンシュガー果実のど飴マスカットと巨峰のグミアルベルツス・マグヌス長野県東筑摩郡生坂村埼玉県南埼玉郡宮代町高山(村)(長野県)福岡県鞍手郡鞍手町岡山ニューピオーネ鞍手町のブドウ栽培愛知県知多郡東浦町あっぷるじゅえるキシリクリスタルフルーツパルフェダウラギリ[山]ヨーロッパブドウピュアラルグミ岳 みんなの山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨峰の関連情報