アルマンス(英語表記)Katz, Allmans

朝日日本歴史人物事典の解説

アルマンス

生年:生没年不詳
江戸前期に来日したオランダ商館在留医師。カッツともいう。寛文1~2(1661~62)年に長崎出島オランダ商館医として在任。江戸参府に随行。嵐山甫安は寛文1年9月,出島のオランダ商館に入りアルマンスにオランダ外科を学び,さらにオランダ商館医ダニエル・ブッシュにも従学,オランダ文の修業証書を得たが,のち2人の教えをもとに『蕃国治方類聚的伝』(1683,2巻・写本)を著した。しかし,オランダ商館日誌には彼の名はなく,正確なフルネームも不明。

(長門谷洋治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android