コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレンダ制 アレンダせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレンダ制
アレンダせい

ソ連において土地および生産手段を長期間 (50年以上) にわたって農民に賃貸する制度。 1989年3月のソ連共産党中央委員会総会においてゴルバチョフが主張した。その狙いは「農民を土地の本当の主人にする」ことにより生産への意欲を持たせ,ソ連農業を活性化することにある。これに対し保守派の Y.リガチョフなどは,ソフホーズコルホーズ制を堅持し,その枠内で賃貸制を認めるべきだとして対立した。同総会では両者の折衷案として「コルホーズ,ソフホーズ,農民の協同組合,賃貸制,市民の個人的副業など多様な社会主義的所有形態を農民が自発的に選択できるものとする」という提案を承認した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレンダ制の関連キーワード農業改革[ソビエト連邦]

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android