コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロヨ政権 あろよせいけん

1件 の用語解説(アロヨ政権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アロヨ政権

フィリピン大統領エストラダの失権で、副大統領だったアロヨが新大統領に昇格して2001年1月に発足。エストラダの残りの任期(〜04年)を務める。04年5月に実施された大統領選挙でアロヨは国民的映画俳優のフェルナンド・ポーを破り当選したが、05年夫や息子が違法ギャンブル「フエテン」運営にかかわっているとの疑惑が浮上したことに加え、大統領選挙での「開票操作疑惑」会話内容を暴露され、窮地に陥る。野党による弾劾裁判開始の試みは実を結ばなかったが、06年2月海兵隊兵士などによるクーデターの動きが表面化。アロヨは国家非常事態宣言によってその動きを押さえ込んだ。出稼ぎなどによる海外送金が着実に増加していることもあり、07年のGDPは7%を超える高い伸びをみせた。しかし、マクロ経済指標では好転したものの、国民間の経済格差・貧困問題は深刻で、大統領の親族らが関与する汚職疑惑が絶えず、07年11月にも国軍不満派の決起騒動が起きるなど政権の大きな不安定要因となっている。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アロヨ政権の関連キーワードアキノキリノフィリピン海マルコスラウレルフィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染フィリピン大統領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone