コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギアン アンギアンEnghien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンギアン
Enghien

オランダ語ではエディンゲン Edingen。ベルギー南西部,エノー州の小都市。ブリュッセルの南西に位置する。 11世紀に建設され,1606年までフランスに属した。中世には商業中心地として栄え,タペストリーの取引で知られた。フランスの貴族コンデ公家の長子は,長い間アンギアン伯を名のった。レース編み工業,麻織物業が立地。人口1万 258 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

アンギアン

生年月日:1772年8月2日
フランスの貴族
1804年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

アンギアンの関連キーワードミスタンゲットオランダ語ベルナール生年月日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android