アンギュラ玉軸受(読み)アンギュラたまじくうけ(英語表記)angular contact ball bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アンギュラ玉軸受」の解説

アンギュラ玉軸受
アンギュラたまじくうけ
angular contact ball bearing

転がり軸受一種。外輪または内輪あるいは内・外輪に肩を落した (カウンタボア) 軌道輪をもち,玉と内・外輪とは接触角をもつラジアル軸受をいう。通常は非分離で,15°,30°,40°の3種類の接触角をもち,ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を受けることができる。接触角が大きくなると,アキシアル荷重の負荷能力が大きくなり,接触角が小さくなると高速回転に有利になる。1個の軸受では一方向のアキシアル荷重しか受けられないため,2個相対して配列し,すきまを調節して用いる。あらかじめ,すきまを軸受幅で調節し,2個または3個以上並べて一組として用いる組合せアンギュラ玉軸受もある。油圧ポンプ,工作機械用主軸などに広く使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android