コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギュラ玉軸受 アンギュラたまじくうけangular contact ball bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンギュラ玉軸受
アンギュラたまじくうけ
angular contact ball bearing

転がり軸受の一種。外輪または内輪あるいは内・外輪に肩を落した (カウンタボア) 軌道輪をもち,玉と内・外輪とは接触角をもつラジアル軸受をいう。通常は非分離で,15°,30°,40°の3種類の接触角をもち,ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を受けることができる。接触角が大きくなると,アキシアル荷重の負荷能力が大きくなり,接触角が小さくなると高速回転に有利になる。1個の軸受では一方向のアキシアル荷重しか受けられないため,2個相対して配列し,すきまを調節して用いる。あらかじめ,すきまを軸受幅で調節し,2個または3個以上並べて一組として用いる組合せアンギュラ玉軸受もある。油圧ポンプ,工作機械用主軸などに広く使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンギュラ玉軸受の関連キーワードセラミックころがり軸受ミニアチュア軸受

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android