コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触角 せっしょくかく angle of contact

6件 の用語解説(接触角の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触角
せっしょくかく
angle of contact

静止液体の自由表面が器壁に接する点において,液面と器壁のなす角。接触角は,接触し合う固体と液体の種類と温度とによって定まる。厳密にいえば,液面に接するもう1つの物質 (普通は空気) にも関係する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっしょく‐かく【接触角】

静止している液体の自由表面が固体の表面に接する所で、液面と固体面とのなす角度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

接触角【せっしょくかく】

静止した液体の表面が固体壁に接するところで液面と固体面がなす角。液の内部にある角で測る。これが鋭角(たとえば水とガラスでは8°〜9°)なら液体は固体をぬらし,鈍角(たとえば水銀とガラスでは約140°)なら液体は固体からはじかれる。
→関連項目毛管現象

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくかく【接触角 angle of contact】

液体の自由表面がその接触する固体表面となす角。ふつう静止液体の場合をいう。液体‐固体,固体‐気体,気体‐液体の界面での表面張力それぞれTls,Tsg,Tlgとすれば,その間のつり合いから静止時の接触角θはcosθ=(TsgTls)/Tlgの関係を満足する。TlsTsgに比べて小さいとθは鋭角で液体は固体をぬらし(ぬれという),逆に大きいとθは鈍角で液体は固体からはじかれることになる。接触角の値は,水とガラスの場合は8~9度と小さいが,水銀とガラスでは140度程度となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっしょくかく【接触角】

液体が固体に接触しているとき、液体の自由表面が固体の平面となす角度。液体分子間の凝集力と液体・固体壁間の付着力で定まる。水銀とガラスとでは140度、水とガラスとでは8度から9度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接触角
せっしょくかく

液滴を水平な固体表面の上に置くと、一定のレンズ形を保った滴になる場合がある。液体の表面は曲面になるが、その端では、に示すように、固体表面と液体の表面とは一定の角度をなす。この角度をのように液体の内側で測ったものを接触角という。接触角θは一般に、液体と固体の種類によって決まるが、θが90度より大きいときには、液体は固体表面をぬらさないといい、小さいときにはぬらすという。に示すように、液体の表面張力をγL、固体の表面張力をγSとし、液体と固体の間の界面張力をγSLとすると、C点における力のつり合いの条件から、ヤングの方程式
  γSLSLcosθ=0
が得られる。この式からもわかるが、
  γS>γSLL
であると、接触角は存在せず、液体は一定の形をとらず、固体表面を限りなく広がり、完全にぬらしてしまう。[小野 周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の接触角の言及

【接着】より

…この式から cosθ=(νS-νSL)/νLの関係が得られる。このθのことを接触角contact angleあるいはぬれ角と呼ぶ。完全なぬれはθ=0に相当する。…

【浮遊選鉱】より

… 物質はその表面の性質によって,水に対する濡れやすさに差異がある。水に濡れやすい性質を親水性,濡れにくい性質を疎水性と呼び,そのおおよその度合は接触角によって測定することができる。平らな固体表面の接触角を測定するには,その上に液滴をおき,その広がり具合をみればよい。…

※「接触角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

接触角の関連キーワード吸着自由表面表面力界面接触反応輻射熱ヴルフの定理クラークの体表面積法則体表面積の法則ヤングの式(接触角)

接触角の関連情報