アンサーモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アンサーモード

呼び出しに対して、応答可能にするモデムのモード。自動応答モードと呼ばれることもある。一般的なパーソナル利用では、モデムは通常の通話にも利用される電話回線に接続されることが多い。このためデフォルトの設定では、相手からの呼び出しがあっても、モデムは応答しないようになっている。これに対し、回線をモデム専用にして、リモートアクセス用サーバーなどを運用しているときには、呼び出しがあり次第モデムがこれに応答する設定にする。モデムをアンサーモードにすれば、これが可能になる。モデムをアンサーモードにするには、モデムが提供するATコマンドを実行する、Sレジスタ(モデムの各種設定を保持しているメモリー)の値を変更する、モデムに用意されたディップスイッチを操作するなどいくつかの方法がある。モデムをアンサーモードにするために一般的なATコマンドは「ATA」である。このように呼び出しを受けるためのモードがアンサーモードであるのに対し、送信側モデムの設定はオリジネートモードにする。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android