コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンサーモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アンサーモード

呼び出しに対して、応答可能にするモデムのモード。自動応答モードと呼ばれることもある。一般的なパーソナル利用では、モデムは通常の通話にも利用される電話回線に接続されることが多い。このためデフォルトの設定では、相手からの呼び出しがあっても、モデムは応答しないようになっている。これに対し、回線をモデム専用にして、リモートアクセス用サーバーなどを運用しているときには、呼び出しがあり次第モデムがこれに応答する設定にする。モデムをアンサーモードにすれば、これが可能になる。モデムをアンサーモードにするには、モデムが提供するATコマンドを実行する、Sレジスタ(モデムの各種設定を保持しているメモリー)の値を変更する、モデムに用意されたディップスイッチを操作するなどいくつかの方法がある。モデムをアンサーモードにするために一般的なATコマンドは「ATA」である。このように呼び出しを受けるためのモードがアンサーモードであるのに対し、送信側モデムの設定はオリジネートモードにする。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android