アンシエタ(英語表記)José de Anchieta

世界大百科事典 第2版の解説

アンシエタ【José de Anchieta】

1534‐97
ブラジルで原住民教化に尽くし,〈新世界の使徒〉と呼ばれたイエズス会士。スペイン領カナリア諸島のテネリーフェで生まれ,コインブラ大学で学び,1553年ブラジルに到着した。今日のサン・パウロ市の前身集落ピラティニンガにブラジルで3番目の神学校を開校。トゥピ語を研究し,敵対的なタマイオ族の平定教化にあたった。78年イエズス会ブラジル管区長に任じられた。【山田 睦男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアンシエタの言及

【サン・パウロ】より

… 一帯は昔ピラティニンガと呼ばれ,原住民グアイアナ族の居住地であった。1554年1月,マヌエル・ダ・ノブレガの命でJ.deアンシエタらイエズス会士らが原住民教化の拠点を置いたのが市の発祥である。最初のミサの行われた日にちなみ,初めはサン・パウロ・デ・ピラティニンガと呼ばれた。…

※「アンシエタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android