コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンシエタ José de Anchieta

1件 の用語解説(アンシエタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンシエタ【José de Anchieta】

1534‐97
ブラジル原住民教化に尽くし,〈新世界の使徒〉と呼ばれたイエズス会士スペインカナリア諸島のテネリーフェで生まれ,コインブラ大学で学び,1553年ブラジルに到着した。今日のサン・パウロ市の前身集落ピラティニンガにブラジルで3番目の神学校を開校。トゥピ語を研究し,敵対的なタマイオ族の平定教化にあたった。78年イエズス会ブラジル管区長に任じられた。【山田 睦男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアンシエタの言及

【サン・パウロ】より

… 一帯は昔ピラティニンガと呼ばれ,原住民グアイアナ族の居住地であった。1554年1月,マヌエル・ダ・ノブレガの命でJ.deアンシエタらイエズス会士らが原住民教化の拠点を置いたのが市の発祥である。最初のミサの行われた日にちなみ,初めはサン・パウロ・デ・ピラティニンガと呼ばれた。…

※「アンシエタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アンシエタの関連キーワードクレメンス宇喜多能家クレメンスイエズス会織田信長ガスペーコレッジョ四河入海周期表クレマンの青春

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone