コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンシュン(安順)市 アンシュンAnshun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンシュン(安順)〔市〕
アンシュン
Anshun

中国西南地方,クイチョウ (貴州) 省西部の市。アンシュン地区の行政中心地。クイチョウ高原上の盆地にある。古くからクイヤン (貴陽) とユンナン (雲南) を結ぶ交通路要地で,省西部の物資の集散地でもあった。清代には安順府の府治。クイクン (貴昆) 鉄道が通る。茶,タバコ,菜種,薬草,桐油,木ろう,漆,皮革類の取引が盛ん。軽工業も発達している。北部のパイシーヤー (白石崖) には自噴泉があり,高く噴出して滝のような奇観を呈するという。人口 67万 3693 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android