コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴陽 キヨウ

6件 の用語解説(貴陽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きよう〔キヤウ〕【貴陽】

中国貴州省の省都。同省中部、交通の要地にある工業都市。人口、行政区299万(2000)。コイヤン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

貴陽【きよう】

中国,貴州省の省都。雲貴高原上の標高1095mの小盆地にある。湖南・雲南・四川各省や広西チワン族自治区と道路・鉄道によって連絡する交通要地で,近年,製鋼,電機,製紙,繊維,セメントなどの工業も急速に発達した。
→関連項目貴州[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

貴陽

山梨県南アルプス市で生産されるスモモ。中生。最大300グラム以上になる大玉のスモモで、糖度が高く酸味は少ない。果汁が多く食味がよい。南アルプス市湯沢で「太陽」の交雑実生から選抜、1996年に品種登録

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよう【貴陽 Guì yáng】

中国,貴州省中部の市,黔霊(けんれい)山の南,南明河両岸に開けた省人民政府所在地。人口156万(1994)。冶金業など工業も発達し,四川・広西などへ四通した貴州省の経済・交通の中心である。古くより〈春の都〉昆明とともに雲貴高原上にあるが,冬季,西方に停滞前線が生じ,〈天に三日の晴なし〉の典型的な気候となる。歴史上,雲南,貴州方面の政治・軍事の要地で〈滇南(てんなん)の門戸〉と称せられたが,古くは,西南夷の地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きよう【貴陽】

中国、貴州省の省都。雲貴高原の東部に位置し、機械・製紙などの工業が盛ん。コイヤン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴陽
きよう / コイヤン

中国南西部、貴州(きしゅう)省中央部にある地級市で、同省の省都。烏江(うこう)支流の南明河が貫流する高原上の盆地に位置する。略称は筑。人口374万0700(2014)。6市轄区、3県を管轄し、1県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。古くから雲南(うんなん)省、貴州省方面の政治と軍事の要地で、1930年貴陽県から貴陽市となり、省政府が置かれた。
 解放前は工場も少なく、地方の商業中心地にすぎなかったが、新中国成立後は工業の発展が目覚ましく、鉄鋼コンビナート、鉱山・交通・電気関係の機械製造、冶金、電力、化学、セメント、繊維、たばこなどの工場がみられる。周辺では石炭、燐(りん)鉱石、ボーキサイトなどが産出される。さらに、成都(せいと)、昆明(こんめい)、柳州(りゅうしゅう)、長沙(ちょうさ)などとの鉄道がこの地で交会するほか、周辺各省へ放射状に延びる自動車道路、主要都市と結ぶ航空路があり、中国南西部の交通の要地となっている。また、貴陽大学や中国科学院地球化学研究所をはじめとする各種研究所を有する文化の中心地でもある。市の南西部には、「貴州高原上の花」といわれる花渓(かけい)、南東部には甲秀楼(こうしゅうろう)、北西部には黔霊(きんれい)公園など景勝地や保養地も多い。[小野菊雄・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貴陽の関連情報