コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜種 ナタネ

大辞林 第三版の解説

なたね【菜種】

アブラナの種子。搾って菜種油をとる。
アブラナの別名。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菜種 (ナタネ)

植物。アブラナ科の越年草,園芸植物。アブラナの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

菜種の関連キーワードタートン(大通)ホイ(回)族ツー(土)族自治県菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援バイオディーゼル燃料(BDF)エコナ クッキングオイルヨンチョワン(永川)市締め木・搾め木・締木チンイー(青弋)江ナタネ(菜種)油山内四郎左衛門マルヒフェルト田上菜の花漬バイ(中国)オレイン酸三重なばな綿実絞油屋リノール酸七味唐辛子油粕・油糟ギャンズェアガルタラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菜種の関連情報