アンジェ・タペストリー美術館(読み)アンジェ・タペストリーびじゅつかん(英語表記)Musée des Tapisseries de château d'Angers, Angers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジェ・タペストリー美術館
アンジェ・タペストリーびじゅつかん
Musée des Tapisseries de château d'Angers, Angers

フランスのアンジェにあるタペストリー専門の美術館。 13世紀前半に建てられた城のなかにあり,14世紀の織物師 N.バタイユによって制作された「ヨハネ黙示録」の内容を織出した全長 100mをこすタペストリーが特に有名。黙示録の内容の進行に従って,FM電波によるオーディオ・ガイドの解説を聞くことができる新方式の鑑賞方法を取入れた古典的でしかも近代的な美術館である。同方式を採用した染色品鑑賞を目的とした美術館に,ノルマンディー地方のバイユー美術館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android