コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティル[諸島] アンティル

百科事典マイペディアの解説

アンティル[諸島]【アンティル】

カリブ海,西インド諸島の主要部分をなす弧状列島スペイン語ではAntillas大アンティル諸島と小アンティル諸島に大別される。ヨーロッパ中世に大西洋の向こうにあると想像されていたアンティリアからこの名称が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンティル[諸島]【Antilles】

カリブ海を弧状にめぐる多数の島々からなり,カリブ諸島Caribbeesともいわれる。大アンティル諸島(キューバジャマイカ,イスパニオラ島,プエルト・リコ),小アンティル諸島(バージン諸島からベネズエラ沖の島々まで)の総称であるが,これらとフロリダ半島南東のバハマ諸島を合わせて西インド諸島といわれる。ほとんどの地域が一年中貿易風,海風の影響下にあり,快適で過ごしやすく,サンゴ礁,熱帯植物などの美しい自然景観に恵まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンティル[諸島]の関連キーワード小アンティル[諸島]大アンティル[諸島]プエルト・リコカリブ海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android