コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデスネコ あんですねこ

1件 の用語解説(アンデスネコの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンデスネコ
あんですねこ
Andean catmountain cat
[学]Oreailurus jacobita

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。チリ北部、ペルー南部、ボリビア南西部、アルゼンチン北西部のアンデス高地に分布し、海抜5000メートル前後の岩地に生息する。体長70~75センチメートル、尾長45センチメートル前後である。体はほかのネコ類のように光沢のある橙(とう)褐色でなく、灰褐色で白っぽく、橙褐色の斑紋(はんもん)があり、尾には黄褐色の輪がある。毛は厚くビロード状に滑らかである。習性はほとんど知られず、わずかに、チンチラなどの齧歯(げっし)類や高山にすむ鳥類を捕食することが知られている。飼育がむずかしく、1年数か月生存した記録があるだけである。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンデスネコの言及

【ヤマネコ(山猫)】より

…また額の条紋はふつう点状に切れている。イリオモテヤマネコと外形が似るコドコドF.guigna(イラスト),大型で斑紋が美しいオセロットF.pardalis(イラスト),尾が長い樹上生のマーゲイF.wiedii,乾いた草原にすむコロコロ(パンパスキャット)F.colocolo,比較的寒冷な森林にすむジョフロイネコF.geoffroyi,高山にすむアンデスネコF.jacobitaがある。以上のほかヒョウネコ類にはアフリカのサバンナのサーバルF.serval(イラスト),ヒマラヤから東南アジアに分布するアジアゴールデンキャットF.temmincki,サハラ以南のアフリカにすむアフリカゴールデンキャットF.aurata,体つきから走り方までテンやイタチに似るが,頭骨の構造はサーバルやゴールデンキャットに似る南アメリカのヤガランデ(ジャガランディ)F.yagouaroundi(イラスト)がある。…

※「アンデスネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone