コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデスネコ あんですねこ

1件 の用語解説(アンデスネコの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンデスネコ
あんですねこ
Andean catmountain cat
[学]Oreailurus jacobita

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。チリ北部、ペルー南部、ボリビア南西部、アルゼンチン北西部のアンデス高地に分布し、海抜5000メートル前後の岩地に生息する。体長70~75センチメートル、尾長45センチメートル前後である。体はほかのネコ類のように光沢のある橙(とう)褐色でなく、灰褐色で白っぽく、橙褐色の斑紋(はんもん)があり、尾には黄褐色の輪がある。毛は厚くビロード状に滑らかである。習性はほとんど知られず、わずかに、チンチラなどの齧歯(げっし)類や高山にすむ鳥類を捕食することが知られている。飼育がむずかしく、1年数か月生存した記録があるだけである。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンデスネコの言及

【ヤマネコ(山猫)】より

…また額の条紋はふつう点状に切れている。イリオモテヤマネコと外形が似るコドコドF.guigna(イラスト),大型で斑紋が美しいオセロットF.pardalis(イラスト),尾が長い樹上生のマーゲイF.wiedii,乾いた草原にすむコロコロ(パンパスキャット)F.colocolo,比較的寒冷な森林にすむジョフロイネコF.geoffroyi,高山にすむアンデスネコF.jacobitaがある。以上のほかヒョウネコ類にはアフリカのサバンナのサーバルF.serval(イラスト),ヒマラヤから東南アジアに分布するアジアゴールデンキャットF.temmincki,サハラ以南のアフリカにすむアフリカゴールデンキャットF.aurata,体つきから走り方までテンやイタチに似るが,頭骨の構造はサーバルやゴールデンキャットに似る南アメリカのヤガランデ(ジャガランディ)F.yagouaroundi(イラスト)がある。…

※「アンデスネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone