アンデス自由貿易圏(読み)アンデスじゆうぼうえきけん(英語表記)Andean Free Trade Area

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンデス自由貿易圏
アンデスじゆうぼうえきけん
Andean Free Trade Area

ボリビア,コロンビアエクアドル,ペルー,ベネズエラの5ヵ国 (いわゆるアンデス諸国) が 1991年 12月の首脳会談で発足を決定した自由貿易圏。翌 92年1月から域内貿易の自由化をはかったほか,対外統一関税 (93年末までは 40%,それ以降は 25%) が導入された。これは,69年に創設されたものの,各国間の調整の不足や累積債務危機などにより効果的な地域統合機関とはなりえなかったアンデス共同市場 (ANCOM) に再びてこ入れを行おうとするものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android